矯正中・後のメインテナンス

矯正中・後のメインテナンス

矯正中の問題点

矯正治療のために固定式の装置を装着すると、1~2年(それ以上の場合もあります)の間、ブラケットが歯面に付いたままになります。その状態で食事をするため、装置の周囲に食べ物が残りやすくなります。したがって時間をかけて丁寧に歯を磨かないと装置の周囲が虫歯になってしまう場合も……。せっかく歯並びを治しても虫歯が増えてしまったら本末転倒です。

矯正中の歯みがきポイント

ポイント1 毎食後に必ず歯みがきをする

食後は、必ず歯みがきをしましょう。特に夕食後に「後でまたデザートを食べるから寝る前に」と考えず、食事をしたらすぐに磨いてください。その後、何か食べたらもう1度磨く習慣を付けてください。

できれば最初は歯みがき粉を付けずに磨いてください。最初から歯みがき粉を使用すると長時間磨けなかったり、すぐに口をゆすぎたくなったりしてしまいます。最後に歯みがき粉を付けて全体にいきわたらせてください。また、歯みがき後は軽くゆすぐ程度にしてください。虫歯予防に効果のあるフッ素などを洗い流してしまうことになります。
当院では固定式装置の装着と同時にフッ素の洗口液を利用して頂き歯質を強化し虫歯になりにくい環境を作って矯正治療を行っています。

ポイント2 磨くのに適した歯ブラシを使用する

普通の歯ブラシでも磨けますが、装置の構造に合わせて磨きやすい形の歯ブラシがありますので、なるべく面倒くさがらずに使い分けて磨きましょう。

装置の周辺を磨くのに適した歯ブラシ

毛先の形態が装置にあう歯ブラシを選びましょう。必ず専用の歯ブラシを使わなければならないわけではありませんが、磨き残しをなくすため使用されることをおすすめします。もちろん普通の歯ブラシできれいに磨けている方もいます。また、電動、音波、超音波ブラシでも構いません。

装置の周辺の歯ブラシの当て方

歯ブラシを装置の上下から押し当てて、針金の下に毛先が入るようにして、1ヶ所ずつ丁寧に磨いてください。装置の周辺、針金の下と歯と歯の間などが非常に磨き残しが多い部分です。歯みがきの際には、同時に何本も磨こうとせず、1本1本丁寧に磨くようにしましょう。

ポイント3 手鏡を使う

洗面台の鏡は遠いため、お口の中がよく見えません。できるだけ手鏡を利用して、装置の周囲に歯ブラシがしっかり当たって汚れが取れているかを確認しながら磨きましょう。

矯正中の虫歯対策

矯正装置の周囲に残る汚れは、白くて、歯みがきをしても十分汚れが取れているかどうかよくわからない場合があります。このような場合には染め出し液をおすすめします。汚れを赤く染め出しすることにより、磨けていない場所がはっきりとわかります。毎日行う必要はありませんが、定期的にご自宅で染め出しを行い、磨けていない部分をチェックするといいでしょう。

※染め出しは夜に行ってください。唇が赤くなるため朝は行わないようにしてください。

虫歯になりにくくするために

フッ素は歯質を強化し、虫歯の原因をなる歯を溶かす酸に対する抵抗力を強くする効果があります。当院で固定式の装置を装着した時にお渡しする歯ブラシセットの中にフッ素の洗口液(ミラノール)が入っています。1日1回洗口していただくことにより、虫歯になりにくくなります。夜、寝る前か学校に行く前でしばらく物を食べたり飲んだりしない状況で使用していただきます。

矯正中に注意する食べ物

食後は、必ず歯みがきをしましょう。特に夕食後に「後でまたデザートを食べるから寝る前に」と考えず、食事をしたらすぐに磨いてください。その後、何か食べたらもう1度磨く習慣を付けてください。

  • ガム、キャラメル、お餅などは装置にからみ付くと取りにくい場合があります。お餅などは小さくちぎって食べていただくとよいでしょう。
  • 固いおせんべい、アイスキャンディー、氷、ナッツなどの固い物を咬むと装置が外れる場合がありますので注意してください。固いおせんべいは小さく割ってから食べてください。
  • 歯の表面の装置に針金を留めるのに小さいゴムのリングを使用することがあります。食事をしていても少しずつ黄色く着色してしまいます。特にカレーを食べると、一度でかなり着色してしまうため、注意が必要です。治療で来院していただいた時には交換しますが着色が気になる場合は電話連絡のうえ、ご来院いただければ交換します。

矯正後のメインテナンス

保定装置(リテーナー)で「後戻り」を防ぐ

保定装置はブラケットによる治療を行って、歯並びと咬み合わせを整えた後に、これを安定化させるための装置です。つまり、歯や顎を移動するための装置ではなく、歯を動かさないようにするものです。

矯正治療後も、歯の根の周囲の骨はしっかり固まってはおらず、不安定な状態にあります。また、歯と歯茎を結んでいる線維の形は容易には変わらず、移動後の位置から元の位置に戻す力が歯に加わっています。そのため保定装置を使って、歯の周囲の骨が安定して歯茎の線維が新しい歯の位置になじむまでの間、歯を押さえて「後戻り」を防ぐのです。