治療の期間と流れ

矯正治療の期間

早期治療(永久歯がはえそろってなく、成長期)

3~10歳くらいまで矯正治療は、主に成長を利用した骨格的な改善(上顎と下顎の前後の改善)や歯の生えるスペースの確保(顎の横幅の拡大)、前歯の配列、歯列に影響のある癖の除去などをおこないます。期間としては、骨格の改善:約1年~1年6か月 顎の拡大:約9か月~1年 前歯の配列:約6か月~9か月 癖の改善:9か月から1年となります。
また、個人差に幅がある時期の治療となりますので、具体的な治療期間については初診時に説明いたします。

後期治療

12歳以上の矯正治療の場合は、18~24ヶ月程度かかります。
個人差はありますが、一般的に25歳を過ぎると徐々に歯が移動しづらくなる傾向にあり、それに伴って治療期間も長くなります。治療開始後は、およそ3~5週ごとのご来院いただきます(1回の治療時間は30~60分程度)。その後、きれいになった歯並びを維持するために取り外しできる保定装置(リテーナー)を18~24ヶ月程度使用していただきます(10歳くらいまでの治療では12ヶ月程度)。

治療期間は、1人ひとりの患者様の治療方針や口腔内の状態により異なります。具体的な治療期間は、精密検査を行って治療方針を立ててからご説明します。

矯正治療の流れ

1.初診(2,000円(税抜))

お口の中を検診し、治療開始時期・使用装置・治療期間・費用などについてご説明します。

2.検査(35,000円(税抜))

矯正治療に必要な情報を得るため、レントゲン、口腔内および顔貌の写真、歯列模型などによる検査を行います。

3.治療方針および費用の説明

検査結果をもとに、治療方針や期間・費用などをご説明します。十分ご検討のうえ、治療の開始を決めてください。その際、当院作成の「治療計画書」にご同意いただいたうえ、ご署名いただきます。
※検査を行っても適切な開始の時期まで経過観察を行うことがあります。

治療費についてはこちら

4.装置装着

矯正装置を装着し、使用方法・歯みがきの方法・注意事項・緊急時の対処方法などをご説明します。

5.定期的な治療

1~2ヶ月に1度、ご来院いただき、装置・ワイヤーの調節などを行います。

6.装置撤去および保定

矯正装置を撤去します。この段階では、歯が顎の骨の中で安定していないので、歯の後戻りを防ぐため保定装置(リテーナー)を使用します。2~4ヶ月に1度、ご来院いただき、歯並びや咬み合わせと保定装置のチェックを行います。

7.メインテナンス

保定期間が終了しても、後戻りや癖による歯の移動があるため、半年~1年に1回程度ご来院いただき、メインテナンスを受けていただきます。