機能性・咬み合わせの重要性

よい咬み合わせは一生の財産です

歯は一生の財産です。一度失ってしまった歯は二度と元には戻りません。そして、歯を失ってしまう原因と深い関係があるのが「咬み合わせ」です。口元の美しさを求めて矯正を受ける方が多いですが、歯並びや咬み合わせは見た目だけの問題ではなく、全身の健康に悪影響を及ぼすこともあります。

咬み合わせが及ぼす影響

虫歯や歯周病になりやすくなる

歯並びが悪い部分には食べ物が詰まりやすくなります。そのため、プラーク(歯垢)が溜まりやすく、虫歯や歯周病になる可能性が高くなってしまうのです。

歯の寿命が短くなる

人の咬む力は想像以上に強いものです。咬み合わせがよければ、咬む力を28本すべての歯で支えることができますが、咬み合わせが悪いと、特定の歯だけで力を支えることになってしまいます。そのため、負担の大きい歯がグラグラしてくるなど、結果として歯の寿命を縮めてしまうことになります。

出っ歯による歯の外傷(破折や脱臼)

少年期は転倒などが多く、上の前歯が出ているということにより前歯に外傷を受けやすいとされています。

顎関節症の原因となる

不適切な咬み合わせの場合、無意識に顎を前後や左右にズラして食べ物を食べてしまう癖が付きます。このような状態が続くと、片方の顎の関節、関節部の骨や一部の歯に負担をかけてしまい、成長期には顎が曲がって成長したり、成長終了後には、口が開きにくい、顎の痛みなどの顎関節症を引き起こしたりすることがあります。

胃腸に負担がかかる

前歯には食べ物を小さく切り分ける役割、奥歯には食べ物をすりつぶし、胃腸で消化をしやすくするといった役割があります。しかし歯並びが悪いと、それぞれが役割を十分に果たすことができず、そしゃくしきれない食べ物があると胃腸に負担がかかってしまいます。

発音が乱れる

歯と歯の間に隙間が空いていたり、歯並びが悪くうまく舌を動かせないと、話すときに息がもれたり舌がもつれたりします。そのため、発音が不明瞭になったり、舌足らずな話し方になったりしてしまいます。

精神的な負担となる

歯並びや咬み合わせは、顔全体の印象を決定付ける大きな要素になります。特に思春期などの時期では、乱れた歯並びや不適切な咬み合わせは大きなコンプレックスとなり、精神面で大きな負担となってしまいます。

またきれいな歯並びとやさしいほほ笑みはあらゆる社会層でプラスととらえられており、一方歯並びがデコボコな乱杭歯、あるいは出っ歯はマイナスのイメージとしてとらえられています。